rogo

チベット密教、スーフィー、グルジェフ、禅、仏教……世に知られるあらゆる瞑想技法の源泉となった、古代インド五千年のシヴァ至高の秘法集「ヴィギャン・バイラブ・タントラ」をひもとき、丹念にひとつひとつ紹介した112の瞑想法シリーズ。全世界でロングセラーを続ける、不朽の講話録、全10巻。
●2〜4巻、7巻、9巻 ■各四六判・上製 ■定価:本体2,428円+税 ■送料390円
●1巻・5巻・8巻・10巻 ■四六判・並製 ■定価:本体2,200円+税 ■送料390円


■写真をクリックすると、拡大写真がご覧いただけます。


■第1
内なる宇宙の発見
改装版・再版出来!

呼吸を中心とした瞑想法

<内容>
●ヨガとタントラの違い ●呼吸の技法
●注意力に関する技法 ●やすらぎの技法 他


瞑想はあなたを真実へ導いていく。これら百十二の方法は、あなたにとって奇跡の体験にもなるだろうし、あるいは聞くだけで終わってしまうかもしれない??。それはあなた次第だ。これらの瞑想法は人類全体のためにある。??過ぎ去った世代すべて、そしてこれから来る世代すべてのために。  OSHO(本文より)

■この第一巻「内なる宇宙の発見」のカセットテープ版もございます。
実際にOSHOが語った講話を、直に聴くことができます。→ テープ版へ



■第2
源泉への道

品切れです。再版予定あり。

中心を定める瞑想法 <内容>
●センターリングの技法 ●ハートのセンターを開発する
●愛の源泉 ●マインドを越えて 他


もし中心なしに生きたら、もし自分が異邦人だと感じたら、その結果は苦悩だ。逆に、もし我が家の安らぎを感じ、成長を感じ、存在自身の潜在性の実現を感じたら…。その結果は至福だ。 OSHO(本文より)



■第3
第三の眼

見ることに関する瞑想法

<内容>
●七つの、見る瞑想技法 ●第三の目を開く
●普通の愛とブッダの愛 ●知性タイプと感性タイプの瞑想法 他


第三の目の中へ流れていくと、あなたは別世界に生まれ変わる。それまで一度も見たことがなかったものが、見えるようになる。
……エネルギーが第三の目を通るとき、あなたは光源のない光を知る。その光は光源に由来するものではなく、ただそこにある。よそからやってくるわけではない。だからこそ、ウパニシャッドは言うのだ。「??神は太陽のようでも炎のようでもない。神は光源のない光だ」と。
 OSHO(本文より)



■第4
沈黙の音

音に関する瞑想法

<内容>
●音なき音??完全なる覚醒 ●マインドを落とす技法
●音から内なる沈黙へ ●セックスエネルギーの変容 他


音が存在する。しかしタントラによれば、音が存在できるのは沈黙があるからだ。音を技法として使って「無音」に入ることができたら、あなたは瞑想の中に入れる。
……音が他人へと向かう乗り物であるとすれば、無音性は自分自身へ向かう乗り物となる。音によって他者とコミュニケートし、無音性によって自分自身の深淵へと落ちる。
 OSHO(本文より)



■第5
愛の円環
●改装版・再版出来!

愛に関する瞑想法

<内容>
●タントラ的性行為の精神性 ●宇宙的オーガズム
●世界という心理劇 ●突然の開悟とその障害 他


セックスはもっとも深い束縛であるが、もっとも高次の自由への乗り物としても使える。タントラいわく、毒は毒として使える。でもそれには知恵が必要だ。
だからなにものも罪悪視せずに、それを使うのだ。
何者にも敵対せず、それを使い、変容する道を探る。
タントラとは生に対する深く全面的な受け容れだ。

                       OSHO(本文より)



■第6
覚醒の深みへ

気づきの瞑想法

<内容>
●タントラ的覚醒の技法 ●変化を通じて不変を見つける
●愛と解放の秘密 ●欲求からの自由 他


瞑想とは何か。それはあなたの性格でもなければ、あなたの行為でもない。それはあなたの有様だ。それは性格ではなく、自分のすることすべてに持ち込む意識だ。何をしているかはどうでもいい。重要なのは、それを意識的にしているかどうかだ。道徳的か不道徳かではない。はたしてあなたは覚醒しているだろうか。もし覚醒していたら瞑想はおこる。もし覚醒していなかったら、あなたは眠りの中で生きている。
OSHO(本文より)



■第7
光と闇の瞑想

光と闇に関する瞑想法

<内容>
●根源へ向かう ●存在への回帰 ●エゴを明け渡す
●空の発見 ●覚醒の炎 他


あらゆる形態は闇の中から生じ、闇の中へと溶けさる。諸々の世界は闇の中から創造され、闇の中へと退いていく。闇は子宮だ。宇宙的な子宮だ。乱されることのない絶対的な静けさがそこにある。OSHO(本文より)



■第8
存在とひとつに
改装版・再版出来!

存在とひとつになる瞑想法

<内容>
●カルマを越えて ●丘の上から見る ●全体とひとつになる技法
●今こそがゴール ●無選択は至福 他


“優しいデヴァよ、エーテル的存在の中に入れ─”
それは汝の形態を大きく超えて上方に下方に広がっている。
世界を変える必要はない。あなたが変われば、すべてが変わる。
OSHO(本文より)



■第9
生の神秘

独り在ることに関する瞑想法

<内容>
●独り在ること ●無思考の瞬間
●未知なる自分 ●危険に生きる 他


独存(ひとりであること)こそ、人間の根本的な真実だ。社会とは非本質的なものだ。一人で生きられないかぎり、また自分の独存を完璧に深く知らないかぎり、自分自身はわからない。社会で起こることは、すべて外側のものだ。OSHO(本文より)



■第10
空の哲学  改装板 再版出来!

始めもなく終わりもない空間へ

<内容>
●変容への恐れ ●生と性エネルギー ●対立物のリズム
●内なる道案内 ●全と無は同じ ●空の体験 他


あなたがいないとき、沈黙はそこにある。あなたがいないとき、エクスタシーはそこにある。自分の内なる存在が空(くう)であるとき、その空そのものが至福だ。OSHO(本文より)

OSHOいわく、
「この百十二の技法の中に、あらゆるタイプ、およそ存在しうる一切のタイプの
人間が包含されている。……自分にふさわしい技法、自分を引き付ける技法を見
つけることだ。大きな親しみや魅力を感じる技法、恋してしまうような技法こそ
が、その技法だ。」
OSHO(第一巻・本文より)

■このシリーズはインド・ボンベイ(現ムンバイ)にて、1972年10月1日から一年以上にわたって
 断続的に展開された十シリーズ全八十回の講話(説法)集です。


■この112の瞑想法の世界に気軽に入っていけるよう
当社では、シリーズをベースにした「112の瞑想カード」を発行しています。

●写真をクリックすると中のカードがご覧になれます。


112の瞑想カード
 ■あなた自身を開く百十二の扉

◆カラー瞑想カード112枚
◆瞑想ガイド(解説書)付き
 「タントラ秘法の書1〜10巻」より出典

定価;本体4,800円+税/送料510円
◆発売:市民出版社

◆一枚のカードから始まる自己変容の旅
この瞑想カードは、あらゆるスピリチュアリズムの源泉ともなった教典「ヴィギャン・バイラブ・タントラ」を題材にしています。
112の瞑想法を、タロットカードのようにその時々に応じて選ぶ、遊びに満ちた瞑想導入のためのカードです。
インドの覚者・OSHOの解説をヒントに、日常生活の中で気軽に実践できるよう構成されています。


■ご注文方法 ネットで→
市民ショッピング 電話で→ 03-3333-9384
書籍トップへ

HOME